この記事は約 4 11 秒で読めます。

ニキビに効果の高いオールインワンゲルには、エクラシャルム以外にも「メルライン」という商品もありますね。

エクラシャルムはニキビ肌以外にも使うことができる医薬部外品の化粧品なので、普段のスキンケアに使用できますが、メルラインは「あごニキビ専用」と銘打って発売されています。

普段使いであれば断然エクラシャルムがオススメではあるのですが、「ニキビ専用」としてリリースされているメルラインもニキビのケアということだけを考えるとちょっと気になりますよね!

なので、それぞれ違いはどんなところにあるのか、徹底的に調べて比較してみました。

ニキビのケアのためにこれからどっちに申し込もうかと思っている人はぜひチェックしてみてくださいね!

エクラシャルムとメルラインを比較!

エクラシャルムとメルラインはそもそも成分が違います。とは言っても、どちらもニキビに効果のある成分や美肌の成分が入っているので、大枠としてはそんなに大きくは変わらないのですが、細かい配合成分や、定期コースの内容に違いがあります。

その違いをまずは紹介させてもらいますね。

エクラシャルム メルライン
初回価格 980円(税抜) 4,480円(税抜)
定期2回目以降価格 5,280円(税抜) 4,980円(税抜)※3回目以降は4,880円(税抜)
定期コース名 ラクトクコース 集中ケアコース
定期縛り期間 4ヶ月(合計金額:16,820円) 2ヶ月(合計金額:9,460円)
通常価格 9,800円(税抜) 7,000円(税抜)
主要成分 グリチルリチンジカリウム、水溶性プラセンタエキス グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス
その他成分 カルボキシビニルポリマー、水酸化カリウム、1,3-ブチレングリコール、フェノキシエタノール、1,2-ペンタンジオール、トレハロース、トリメチルグリシン、アラントイン、濃グリセリン、キサンタンガム、モノステアリン酸ポリオキシエチレンソルビタン、2-エチルヘキサン酸セチル、天然ビタミンE、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、加水分解エラスチン液、水溶性コラーゲン液(4)、加水分解コラーゲン末、精製水、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、加水分解ヒアルロン酸、ニンジンエキス、トウキエキス(1)、エイジツエキス、ワレモコウエキス、クワエキス、シャクヤクエキス、アロエエキス(1)、クララエキス(1)、香料 3-0-エチルアスコルビン酸、ビサボロール、米糠抽出物加水分解液A、水溶性コラーゲン液-4、ヒメフウロエキス、ヒアルロン酸Na-2、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、トレハロース、ステアロイルフィトスフィンゴシン、濃グリセリン、トリメチルグリシン、エチルヘキサン酸セチル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、キサンタンガム、ジメチコン、天然ビタミンE、BG、1,2-ペンタンジオール、フェノキシエタノール、香料、精製水
返金保証 なし 180日間
その他 なし あごニキビケア3点セットサンプル付き(ノンオイルクレンジング・美容液洗顔・CCクリーム)つき
商品名 ソヴール-01 美白ゲルクリームM
製造製薬会社 株式会社天真堂 広栄ケミカル株式会社

これを見ても、化粧品に詳しくないと、どこがどう違うのか分かりづらいと思うので、それぞれの違いを説明させていただきますね!

エクラシャルムとメルラインの違いは?

まず成分ですが、エクラシャルムの方が配合成分が多いです。

メルラインに入っていなくて、エクラシャルムに入っている成分の中で注目したいのは

  • カンゾウフラボノイド:ビタミンC誘導体と並んで「2大美白成分」と呼ばれている成分。色素沈着を予防してくれるのでニキビ跡にも高い効果を期待できる。
  • N-ステアロイルフィトスフィンゴシン:消炎作用と抗菌作用に優れているため、お肌の清浄化に役立つ。
  • エラスチン:水分を抱え込んで保持する効果。うるおいや水分量が足りないと感じている悩みを解消してくれる。
  • その他植物エキス:ニンジンエキス、トウキエキス、エイジツエキス、ワレモコウエキス、クワエキス、シャクヤクエキス、アロエエキス、クララエキスなど、お肌のコンディションを調整してくれる成分が豊富。

などになります。

さすがエクラシャルムはお肌のことを考えて処方されているだけあって、天然成分がたくさん配合されていますね。

対して、メルラインに配合されていてエクラシャルムに配合されていない成分の中で注目したいものとしては、

  • 3-0-エチルアスコルビン酸:ビタミンC誘導体で、色素沈着の予防効果があるのでニキビ跡に効果が期待できる。
  • ビサボロール:こちらも高い美白効果が認められている天然由来の成分。
  • ヒメフウロエキス:紫外線ダメージによって「トリプターゼ」が活性化してしまうのを防ぎ、皮膚のしわの発生を防ぐ。

があります。

美白効果の高い成分が多数配合されているため、治りかけのときに黒ずみとして残ってしまうニキビ跡に効果が期待できそうです。

ただし、ジメチコンという成分が少し私は気になりました。

このジメチコンというのは、髪の毛用トリートメントや顔用のクリーム化粧品などに配合されていることが多い成分なのですが、たんぱく質に強く結合する性質を持っています。

質感がサラサラとしているために、手触りとして「ベタベタしない感じ」を演出してくれるため、テクスチャーの向上には役立ってくれているのですが、これは質感の良いポリマーを吸着させているだけで、いわばお肌の表面に手触りの良い化学物質を貼り付けているような状態です。

刺激などはないのですが、トリートメントとかって洗い流してもちゃんと髪に残ってサラサラを演出してくれますよね?

それと同じで洗い落とす時には強力に吸着したたんぱく質を一緒に持って行ってしまうことと、洗顔時に取りきれなかったりすることが多いためこだわっている人の中にはこの成分を避けている人も多いです。

エクラシャルムを塗ったあとにはペタッとするのに、メルラインを塗ったあとにはサラサラするのにはこう言った理由があったんですね。

メルラインの成分は割とシンプルなのですが、天然成分を使用してお肌に刺激がないようにする工夫という意味では、エクラシャルムの方が一枚上手と言えそうですね。

定期コースや返金保証のそれぞれの違い

こういった通販商品では最近多いのですが、定期コースには「縛り」がついているケースがあります。

エクラシャルムもメルラインもどちらも定期コースが用意されているのですが、エクラシャルムの縛り期間が4ヶ月なのに対し、メルラインは2ヶ月です。

なので、ちょっとだけお試ししてみたいとか、ニキビがそこまでひどくないからちょっと使えば満足できそうという人はメルラインを選んだ方がいいかもしれません。

ですが、これは2ヶ月で辞める前提なので、続けて使う場合はエクラシャルムの初回価格980円はかなり割引率が高いのでメリットとなります。

毎月の金額が最終的に400円変わってくるので、ずーっと長く続けていく場合はメルラインの方がお得にはなりますが、10回以下の継続ならばエクラシャルムの方がお得です。11回以上続ければメルラインの方がお得になります。

メルラインに申し込むと、あごニキビケア3点セットサンプル付き(ノンオイルクレンジング・美容液洗顔・CCクリーム)がついてくるので、それに価値を感じて申し込む方以外は、とりあえずエクラシャルムの方がしばらく金額的には少なく済みそうです。

ただし、返金保証を考えた時にはエクラシャルムの返金保証がついていないのに対し、メルラインは180日間も返金保証がついているので、これから通販を始めて利用するから効果がなかった時のことが心配かもという方はメルラインを選んだ方が確実に安心ではありますね。

エクラシャルムの返品の申請の仕方についてや定期解約の方法についてはこのサイトでも紹介しているので参考にしてみてください。

まとめ:成分ならエクラシャルム、サポートの充実ならメルライン!

エクラシャルムとメルラインの比較をしてみましたが、どうだったでしょうか。

実はどちらも「医薬部外品」として、ニキビの予防やケア、美白、お肌の清浄化などの効果は認められているので、使い勝手としてはどちらも同じように使えると考えて大丈夫そうです。

ですが、それぞれ特色があるので、このページを参考にしてどちらにするか決めるのがいいと思います。

メルラインについてもっと詳しく知りたい方は、メルラインの公式サイトも一度のぞいてみてください。

私はエクラシャルムを使い始めてからニキビに悩まされることがなくなりましたし、毎日のお肌のケアにもエクラシャルムはぴったりだなって感じています。

しかも、エクラシャルムは多くのモデルさんや芸能人も使っているので安心感がありますね。

初回が980円というかなりの破格でお試しできるキャンペーンは今だけなので、エクラシャルムをまだ使ったことがない人は、一度チェックしてみることをオススメします。

☆エクラシャルムを最安値でチェック☆

The following two tabs change content below.
さとみ

さとみ

エクラシャルムを使い始めてたったの2週間半でひどく悪化してしまっていた赤ニキビが気にならなくなりました!今も毎日お肌のケアにエクラシャルムを活用していますが、「お肌キレイだね!」とよく褒めてもらえます!実際にエクラシャルムでニキビの悩みを解消した私がエクラシャルムの効果や口コミ、使い方などを解説する記事を書いています。