この記事は約 1 18 秒で読めます。

ロべクチンがこれだけ人気なのは成分が他の美容クリームと比べても優秀だからです。

気になる商品の成分を徹底的に調べてみました。ロベクチンの特筆すべき成分には一体どんなものがあるのでしょうか?

ロべクチンには顔用とボディ用がある!

ロべクチンには顔用のロべクチンプレミアムクリームとボディ用のロべクチンボディローションがあります。

どちらも基本的な主成分は一緒なのですが、それぞれ顔用と体用に特化しているために少しだけ成分が違います。

それぞれの全成分を記載します。

ロベクチンプレミアムクリームの成分は?

ロベクチンクリーム

水、シクロペンタシロキサン、シア脂、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、ナイアシンアミド、グリセリン、スクワラン、セテアリルメチコン、ジメチコン、フェノキシエタノール、ヒマシ油、アボカド油、オリーブグリセリズ、ヘキシルデカノール、ポリソルベート60、リノール酸、ダイズステロール、リン脂質、アロエベラ液汁、ヒドロキシエチルセルロース、エチルヘキシルグリセリン、ヒマワリ油、フィチン酸ナトリウム、トコフェロール、セラミド3、水酸化ナトリウム、ヘマトコッカスプルビアリスエキス

こちらは、顔用のロベクチンの成分です。乾燥肌にもオイリー肌にも使えるように保湿成分が工夫されて作られています。

自然由来の成分が多く、石油系の化学成分でお肌が荒れてしまいがちな方にとってはとても優秀な成分で構成されています。

ロベクチンプレミアムボディローションの全成分は?

ロベクチンボディクリーム

水、シア脂、シクロペンタシロキサン、グリセリン、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、スクワラン、ジメチコン、フェノキシエタノール、ポリソルベート60、ヒドロキシエチルセルロース、エチルヘキシルグリセリン、ヒマワリ油、セテアリルメチコン、オリーブグリセリズ、ナイアシンアミド、ヒマシ油、アボカド油、フィチン酸ナトリウム、アロエベラ液汁、トコフェロール、リノール酸、ダイズステロール、リン脂質、水酸化ナトリウム、ヘマトコッカスプルビアリスエキス、セラミド3

ロベクチンのボディ用ローションは乾燥を防ぐことに特化して作られています。

顔用のローションとの大きな違いは、体用なので油分が多めに調整されているということ。

お風呂上がりなどの乾燥しがちなお肌にしっかりと潤いを与えてくれます。

まとめ

人間の体は部位によって肌質が変わります。顔の中でもTゾーンと頬・鼻まわりでは肌質が違います。

ロベクチンのプレミアムクリームはそんな肌質のことをしっかりと考えてつくられた素晴らしいクリームです。

お肌のトラブルに悩まされていたあなたも、ロベクチンを使えばプルプルのお肌が戻ってきますよ!

今すぐにロべクチンの公式サイトをチェックしてみてくださいね。

☆ロべクチンの公式サイトはこちら☆

btn_pika

The following two tabs change content below.
管理人:ミキ子

管理人:ミキ子

当サイトは、日本国内の「サプリメント」、「化粧品」の中でも特に優れていると私が感じるものを紹介しているブログです。製薬会社に20年務める私が、一切の私情や主観を交えずに厳選した商品を載せているので、気になっている商品があったら安心して使ってみてください。きっと満足できるものだと思いますよ♪