この記事は約 1 14 秒で読めます。

生牡蠣すっぽんのすごいところは、自然由来の成分で亜鉛がしっかりと補給できるところです。

男性ホルモンを作り出すもとになるといわれている亜鉛ですが、普段の食事からは十分な量の摂取がなかなか難しいといわれています。

亜鉛が不足してしまうとどういった症状が起きてしまうのでしょうか。

男性らしさの低下

上記でも紹介したように、男性ホルモンを作り出す働きを担っているのが亜鉛です。

亜鉛が多く含まれている食品としては海産物(特に貝類)、牛肉、パルメザンチーズ、ゴマなどがあります。

「肉食系」という言葉が似合う男性というのは実際に肉が好きな場合が多いですが、これは牛肉などにも多く亜鉛が含まれていることに由来するんですね。

日本人の男性が草食系と言われるようになってから早数年、男性の精力減退が危ぶまれています。

日本人の成人男性は「亜鉛の1日の摂取量を全然満たしていない人がほとんど」だと言われており、また亜鉛は摂りすぎによるリスクも少ない栄養素のため積極的に摂取すべき栄養素と言えるでしょう。

また、不妊治療の際に「子供ができない原因が男性側にある」と診断された場合なども亜鉛が処方されています。なんでも亜鉛をしっかりと摂取することで精子の量も増えるんだとか。

生牡蠣すっぽん1日分(2粒)でとれる亜鉛の量は?

生牡蠣すっぽん2粒で、1日に推奨されている摂取量12mg/成人男性の約1.5倍の18mgが摂れる計算です。

小さなカプセル2粒ですごいですよね!

ちなみに、厚生労働省が推奨している亜鉛の1日の上限摂取量が30mgとなっていますが、これは目安であり多少多く取る分には問題ないようです。

1日20,000mg以上摂取すると急性中毒の可能性があるので危険言われていますが、極端な話、生牡蠣すっぽんを一袋丸々1日で飲んでしまっても20,000mgには全然達しないので過剰摂取の危険性はないと安心して問題ないでしょう。

亜鉛は天然由来のものを選びましょう

市販のサプリメントでも亜鉛が手軽に摂れるものが多くありますが、人工的に亜鉛成分を合成して固めたようなものよりも、自然由来の成分でできたサプリメントを選んだほうがいいと言われています。

なぜなら、人工的な亜鉛は天然の亜鉛と比べると効果が低いという研究結果もでており、身体への害が心配される添加物や着色料が多く配合されていることが少なくありません。

健康のために飲むサプリで体を壊してしまっては元も子もないですよね。

生牡蠣すっぽんは天然の成分にこだわりぬいて作られているために、安心して続けて飲むことができるのが大きな利点だと思います。

こんなに素敵なサプリを見つけて本当によかったと思っています。一度は必ず公式サイトに訪れてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
サチ

サチ

こんにちは。この記事を書いたサチと申します♪ 私は、生牡蠣すっぽんのサプリを旦那に飲んでもらうようになってから、旦那との関係が良好になりました。このすばらしさをいろんな人にお伝えできたらと思って執筆をさせていただきました。 生牡蠣すっぽんの魅力について、少しでも多くの人にお伝えできたら嬉しく思います。